2021-03

スポンサーリンク
SPY×FAMILY

スパイ×ファミリーは、ご都合主義で作られた素晴らしき現代ファンタジーです

スパイ×ファミリーの評判が良く面白いのはわかりきった話ですが──お気に入りの漫画なので、改めて「良作だよなぁ」と思いつつ、いまさらながらの雑感と作品紹介。 (C)遠藤達哉/集英社 ...
呪術廻戦

呪術廻戦0〜劇場版発表で思う、ゼロの見どころと気になる所について

昨日、劇場あるかもと記事を上げたと思ったら、さっそく公開の速報が出ましたね。 公開予定は今冬だそうで、すでに公式サイトもOP済み。製作はMAPPA、配給東宝。 タイトルは── 劇場...
チェンソーマン

チェンソーマンはグロいだけ?実は奥深さを持ったおもしろい物語です

チェンソーマンという人気漫画をご存知の方もいらっしゃると思います。 本編はすでに第一部が完結済。そしてこの度、チェンソーマンのアニメ化が決定しましたよね。製作はMAPPA。呪術廻戦とか進撃をや...
スポンサーリンク
ウマ娘プリティーダービー

ウマ娘に見る、ソシャゲ鉄板ジャンルの人気理由について

ウマ娘プリティーダービー、面白いですね。 初期はかなりハマって日がな育成行っていましたが、現在はFGOと同じくルーチンが出来上がり一日あたりの育成は1〜2回に落ち着きました。さて、それ...
新世紀エヴァンゲリオン

シン・エヴァンゲリオン感想〜庵野秀明は24年ごしに素晴らしいオチをつけてきた?

シン・エヴァンゲリオンを見てきました。 劇中の謎考察は、考察好きな方々に任せるとして、シン・エヴァンゲリオンを見て感じた、作品の意義と庵野監督についてあれこれ感想&雑感まじえつつ、解説...
鬼滅の刃

鬼滅の刃〜原作者、吾峠呼世晴の天才性とその行く末について

鬼滅の刃の原作者は吾峠呼世晴先生、ちょっとミステリアスな存在ですよね。 ©吾峠呼世晴/集英社 歴史に残る大ヒットをした鬼滅の刃の作者ですから、間違いなく天才だと思います。それは作品からプ...
呪術廻戦

呪術廻戦〜乙骨憂太再登場で感じる、彼が主人公になれない理由と今後の活躍について

乙骨憂太が私の予想どおり、五条悟と入れ替わるようにして登場してきたので、前回記事の派生で思う所もありつつ、プロフィールまじえて雑感を述べます。前日譚のネタバレありなので、未読の方はご注意ください。 ...
呪術廻戦

呪術廻戦考察〜存在しない記憶ってもしかして◯◯じゃないの?

今回は、呪術廻戦において巷で言われている虎杖悠二の能力「存在しない記憶」について、一つ感じていることがあるので、まとめてみたいと思います。 存在しない記憶とはなにか? まず、話の前提とな...
鬼滅の刃

鬼滅の刃〜遊郭編に登場したムキムキネズミの実存を雑考察する

鬼滅の刃の遊郭編、面白いですよね。 宇髄天元はかっこいいですし、炭治郎、善逸、伊之助、そして禰豆子は相変わらずの大活躍。相手方の堕姫、妓夫太郎も敵ながら業を背負った深いキャラクターです。 ...
興味・雑記

「うっせぇわ」に絡む世代間騒動についての短い雑感

あー、くだらない。 と言ってしまったら身も蓋もないので「うっせぇわ」について、各世代から色々と文句が出たり衝突が起きていることについて、個人的な雑感を簡潔にいくつか。 世代と文化...
タイトルとURLをコピーしました