スポンサーリンク

シン・エヴァンゲリオンは鬼滅の刃の興行収入を超える?オワコン?時代を築いた作品の過去と未来

新世紀エヴァンゲリオン
©khara, inc. / 東宝

エヴァの速報が出ていますね。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報3【公式】

正直な所、やっとかという思いもありますが、楽しみであることには代わりありません。ただ、気になるのは、鬼滅の刃という興行的に大成功した普遍的な物語に対して、エヴァンゲリオンがどこまで迫るのかという話。

エヴァをめぐる現在の状況

正直な所、ちょっと時代的に完全にタイミング外しちゃいましたよね。新海誠監督とかが出てきて、シン・ゴジラで興行的に抜かれてしまったこともあって、テーマや存在としては時代遅れ感が出てきちゃってる。いうても、十数年前の作品ですからね、エヴァって。

で、難しいのはエヴァンゲリオンはガンダムみたいに、シリーズ化されなかったことで、普遍的な高みに到達できず、時代とともにチープ化する運命に陥ったってことですよね。

今更、シンジくんがどうなるかとか、そこまで興味ないし、アスカやレイの斬新さというのはもはや霞んでしまっている。

それでも、かつてエヴァを楽しんだ人たちはその結末を目撃しようとするでしょうけどね。

鬼滅に挑むエヴァ

興行収入は当然、届かないと思います。それは呪術廻戦の話でも書きましたが、エヴァもターゲット範囲が狭い作品なんですよね。しかも、特定のリアルタイム世代を中心とした影響になってしまう。

もちろん、東宝は当てるために、鬼滅とおなじようなセールスプランニングをして総力を上げて劇場公開してくるでしょう。たぶん僕も見ると思います。ですが、やっぱり親子で見るという作品ではないので、ヒットはすれど、鬼滅には及ばないという感じでしょう。シン・ゴジラあたりと同じように、100億超えれば御の字なんじゃないかな。

エヴァの楽しみ方

さて、何度も言いますが、だからといってエヴァが駄作かというとそういう話ではありません。

エヴァは、たしかに一時代を築いた作品であり、そして今回に関して言うと、恐らく庵野秀明監督の性質上「とんでもない映像世界」をぶつけてくると思います。

最新のアニメーションVFXを堪能したいなら──エヴァはやっぱり劇場公開したら、かならずその時代の最先端を表現すると思うんですよ。というか、話がどうかというより、庵野監督はそこが一番の人なので笑

という訳で、興行収入云々ではなく、そういうところを楽しんだほうが良いと思います。

あとはまあ、大人にさせてもらえずに、20年もずっと厨ニをやらされていたシンジくんは、ちゃんと大人になって、明るい未来に歩みだして欲しいなって思っています。

タイトルとURLをコピーしました