2021年春アニメ〜レビュアー的に気になる作品リスト

アニメ&マンガ

さて、冬アニメも一巡し、季節は春です。

例によって、アホみたいにコンテンツがリリースされるなかで、いちおうチェックするであろう作品をまとめました。

果たして、最後までreviewするのはどの作品になるのでしょうか!?

スポンサーリンク

Vivy -Fluorite Eyeʼs Song-

リゼロの作者、長月達平が脚本とシリーズ構成をしている作品です。今回はもうひとり梅原英司さんという方も参加しています。リゼロをはじめ東のエデンとかローリングガールズとかに参加している方らしいです。恋は雨上がりのように、にも参加しているので、ようするに良質作品がわかっている脚本家さんだと思います。

©Vivy Score / アニプレックス・WIT STUDIO

というか、たぶん、梅原英司さんという脚本家の経歴をみるに、このタッグは面白い作品になると思っています。戦翼が滑ったので(失礼)、こっちはもうちょっとうまく行ってほしいなって。

もう放映されてましたっけか。

オッドタクシー

続いての変わり種。ケモナー歓喜のオッドタクシー。ケモナーですが、タクシー主観の人間ドラマを描く作品。

(C)P.I.C.S / 小戸川交通パートナーズ

ダラッと見るには良さそう。こういうの、好きなんですよねぇ。

ゴジラ S.P <シンギュラポイント>

こちらは、みなさんおなじみのゴジラをアニメ化した作品。そういえば、虚淵玄がかかわったゴジラアニメは、ちょっと残念なことになったっぽいですが(見ていない)、こっちはどうなるでしょうか?

(C)2020 TOHO CO., LTD.

で、こっちのシリーズ構成と脚本ですが、なんとSFっ作家の円城塔先生っていう。。どうなるか全く読めませんが、見るしか無いのです。

シャドーハウス

シャドーハウスは、となりのヤングジャンプでWEB連載していた、ちょっとダークな漫画ですね。

原作を書いているソウマトウという先生は、可愛らしい絵柄に、怖いお話をいれてくる鬼才で、黒にこだわりがあるらしく、シャドーハウスもおどろおどろしい感じになっています。

で、この作品ですが、小さなメイドさんがお世話するシャドー族のお嬢様との摩訶不思議な日常です。

たぶん癒やし系。

スーパーカブ

確か、カクヨム連載だったかの、ライトノベルですね。

タイトルのとおりスーパーカブを手に入れた女子高生が、淡々とした日常を送る物語です。

日常系ですが、もしかしたらホンダの広告アニメかもしれません。

カブは持っていませんが、カブのエンジンをつかったバイクを昔乗っていたので、なんとなく見ます。

カクヨムでちょっと流行ってたような気もしますし。

ゾンビランドサガ リベンジ

いわずもがな。別記事書いてまっす。

SSSS.DYNAZENON

SSSSグリットマンの新作ですね。

©円谷プロ ©2021 TRIGGER・雨宮哲/「DYNAZENON」製作委員会

こちらもグリットマンの脚本がとっても上手だったので、見ます。

これの脚本家の長谷川圭一さんという方は、ウルトラマンティガとかダイナとかを書いている人なんですが、脚本技法も上手いし、セリフも上手なんです。

グリットマンがポップで面白かったことから、たぶんハズレ無いと思っています。

バクテン!!

こちらは定番のノイタミナ枠です。

©バクテン製作委員会

この枠の青春群像劇といったら、まあハズレませんから、見ます。

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。

最後はタイトルのせいでちょっと物議を醸したシリーズ100万部のラノベです。

まったく読んでないし内容も知らないんですが、いちおう聞くところによると、回復術士のやりなおし的な、アホな感じにはなっていない、非常に好感の持てる作品らしいので、チェックします。

個人的には、友崎くん枠。


以上、チェック予定春アニメでした。

多いなぁ。そして幾つかは脱落するかと思いますが、放映されたらダラダラと所感を書いていきます。自分でも思うんですが、私、基本は脚本家や作家さんベースで作品探す人のようです。

タイトルとURLをコピーしました