東京卍リベンジャーズ〜ドラケンくんはどんなキャラ? なぜ人気なの?

東京卍リベンジャーズ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズのドラケンくん、アニメでも海外でも大人気ですね。

今回は東京卍リベンジャーズのドラケンくんについて、雑プロフィールを交えつつ考察と解説をしたいと思います。

ドラケンくんの雑プロフィール

ドラケンくん──本名は龍宮寺堅、通称ドラケン、言わずとしれた東京卍會の副総長ですね。

1990年5月10日生まれ。身長185センチ、体重75kg。血液型はO型です。

CVは鈴木達央 石上静香(小学生時代)、実写版の演者は山田裕貴(!)。

キャラクター

ドラケンくんは東京卍會の副総長で、実質的に喧嘩でも階級でもNo.2のポジションですね。

特徴は、金色の辮髪とその頭に掘られたドラゴンのタトゥ。身体に比例したパワーによって喧嘩がめっちゃ強い人。劇中では100人相手に戦い抜いていましたね。

そして、マイキーの良き友人であり、マイキーに意見できる数少ない人物です。それによって対立することもあるけれど仲直りもすぐにします。

ちなみに、マイキーからはドラケンではなくケンチンと呼ばれています。

性格は、東京卍會の中でも三ツ矢と並ぶ良識派で常識人、筋の通った男子です。そして、だいたいいつも東京卍會とマイキーの暴走に頭をいためて、奔走しているキャラクターです。

好感度の高さはこのあたりに由来していますね。

ただ一方で、物語が進むにつれて、東京卍會のほんとうの裏側の脅威については築けないまま、どのルートでも不幸な結末を迎えることが多いんですよね。

”コスパ最強のアニメ系サブスク!”

最強コスパ旬アニメを最速視聴したい!

名作アニメ映画TVアニメをひたすら見たい

そんな贅沢に応えるサービスない?

dアニメストアは、配信サイト最強のアニメ動画視聴チャンネルです。

”毎月ジュース3本分で見放題”

  • アニメ見放題作品数No.1
  • 旬新作アニメ見放題最速配信数No.1
  • 4600作品以上が月額440円で見放題
  • ドコモだけでなく、他社端末やPCでも見放題!

圧倒的なラインナップに、こだわりの視聴機能で、今期アニメがいち早く見られる!

ネトフリやバンダイchは高額、アマゾンはラインナップに難あり。しかしDアニメストアなら、あなたの好きなアニメかならずあります。圧倒的にお得な最強サブスクサービスdアニメストアです。

\コスパ最強の見放題アニメ/

人間関係

人間関係においては、先に述べたとおりマイキーと唯一対等でいられる存在ですね(タケミッチをのぞく)。

そして、マイキーの妹エマとも仲睦まじい、男子です。

タケミッチとは早い段階で信頼関係を気づいていますね。ドラケンは腕力ではなく、心の良し悪しを見抜き、コミュニケーションをはかる存在です。

一方で、東京卍會はキャラが多すぎるゆえに、マイキー、エマ、タケミチ以外のメンバーとの絡みがちょっと少ないのが残念です。

そこを飛び越える関係性はちょっとむずかしいのでしょうね。

抗争での活躍

初期においては、その重要なポジションから、抗争でも大活躍です。

8・3抗争では、半間やぺーやんの策略によって、ダメージを喰らいますが、主要な敵対者を叩きのめし、キヨマサに刺されるまで奮闘しています。

血のハロウィンでは、劣勢の東京卍會メンバーをかばいつつ、芭流覇羅の構成員を倒し、半間と互角の勝負をしていました。

聖夜決戦では、黒龍の精鋭を100名やっつけ、皆を驚かせ、東京事変では半間に勝利しています。

どの抗争でも鬼神のごとき強さがありますね。

ドラケンというキャラクターの重要さ

さて、ドラケンというキャラクターですが、最近はそうでもありませんが、初期は本当に重要なポジションにありました。

物語というのは、しばしば劇中において、正義や倫理の基準というものを定める必要があります。

護るべきラインですね。

これは個人だけでなく組織にもあてはまり、劇中のメイン組織である東京卍會というのは、その倫理のラインをどこにおくのか?というのは、物語を進める上でとても重要になってきます。

倫理の基準は、マイキー?

いやいや、彼は暴走する側ですよね。

タケミッチ?

タケミッチもある種の倫理基準ですが、彼は主人公として迷うポジションにあります。彼は視聴者視点の代弁者であり基準ではない。

当たり前の話なんですが、東京卍會の一番の正義や倫理の基準はマイキーをさとすことのできるドラケンなんですよね。

つまり、彼が正しく物語上に存在しているかぎり、東京卍會というのは、ギリギリ良識ある暴走族でありうる、ということです。

だから、劇中において、初期はドラケンのありやなしやが、物語の重要な要点になっていたんですね。

また、そうであるから、みなドラケンにハラハラし、感情移入し、また惚れ込んだという構造が、東京卍リベンジャーズの前半に存在しています。

ただまあそういう理屈はあるんですけど──単純にドラケンというのは、その外見や振る舞いが本当に魅力的なんですよね。

スタイルと心の美しさ

185センチというモデルばりの長身に、シュッとした顔、華やかな金の辮髪、特徴的なタトゥ。

いちばん最初の登場時はヤベー男子に見えたんですが、すぐに判明した、そうではない男気とのギャップもあって、初期は一番の魅力的なキャラクターになりました。というか東京卍會における、お父さんかお母さんみたいなポジションでした。

ズルいのは彼の笑顔です。強面のドラケンが、クシャッと破顔したときの笑顔は、心を掴みます。

マイキーというのは過去のヤンキー漫画にもキャラ類型が存在していましたが、ドラケンってちょっといないんですよね。あえて言えば、鬼爆の弾間龍二かしら。

彼はファッションもふくめ、非常にいまどきなキャラだと思います。最近はどうも、本編の陰謀の蚊帳の外にいがちですが、──いずれにせよ物語を通して、ドラケンがエマやマイキーらと暮らす幸せな日々を取り戻すことを願ってやみません。

タイトルとURLをコピーしました