安価なワイヤレスヘッドホンは、あなたを定位置のくびきから解き放つ

アイテム
スポンサーリンク

昔、ヘッドホンやイヤホンといえばちゃんとしたものはかなりの高級品でした。子供の頃の私は、高価なモノを購入できるお小遣いなどもらっておりませんでしたから、せいぜい安いウォークマンに付属しているちゃちなイヤホンが関の山で、音は劣悪で、それを我慢して聞いているというレベルでした。ああ、どちらかといえば、それの音が悪いんだという自覚すらなかったかもしれませんね。

転じて現在ですが──有線だろうが無線だろうが、安価な値段であってもそこそこの音質で音楽を楽しめてしまう時代になってしまいました。ほんと、良い時代だと思います。

昨今仕入れた「高級すぎないヘッドホン」のWH-CH510なんかも、もう普段遣いには十分すぎるほどの性能を持っていました。さて、せっかくなので同価格帯3000円〜5000円前後の商品を見てみたいと思います。参考までにこんな↓感じのものをご紹介。

Anker Soundcore Life Q10

最大60時間の再生が嬉しい、ハイレゾ対応ヘッドフォン。この上位グレードが存在するが、こちらは安価版。急速充電可能、ハイレゾは有線化することで対応可能です。

Mpow ヘッドホン H7

高音質でクリアな再醒を実現した、通話も対応可能なミドルクラスヘッドホン。よく考えて作られているイヤークッションがすばらしい密閉感を出す。他のものと一味ちがうつけ心地を実現。


TaoTronics ヘッドホン Soundsurge 85

ノイズキャンセリング搭載で、有線無線対応の汎用かつ利便性の高いヘッドホン。再生時間も十二分で、上位モデルしかないノイズキャンセリングがあるのが嬉しい。

ソニー ワイヤレスヘッドホン WH-CH510

ソニーの定番安価ヘッドホン。音質劣化少なく、なによりも軽量で使っていて安心感がある。再生時間もながく、普段遣いのちょっとしたワイヤレスヘッドホンとして申し分なし。

VANKYO CY750ノイズキャンセリングヘッドホン

ノイズキャンセリング機能とHi-Fi対応のクリアなサウンドを詰め込んだ、汎用ヘッドホン。質感よう、実用性高い。ケースもついてきており、所有する満足感にも優れたヘッドホンです。

え? どれも代わり映えしないって?
いやそうなんですけど・・・・・・逆に言えば、この価格帯であればどれを買ってもさほど失敗しない時代になったってこでもあります。もちろん、チャイナ製の外れがたまにAmazonなどにあることも事実ですが、逆にとんでもなく高性能なものも存在します。うまく買えば失敗することのない価格帯だと思います。

せっかくなので、気になるもがないかチェックしてみてください。

商品 Anker Soundcore Life Q10 Mpow ヘッドホン H7 TaoTronics ヘッドホン Soundsurge 85 ソニー ワイヤレスヘッドホン WH-CH510 VANKYO CY750ノイズキャンセリングヘッドホン
イメージ
駆動時間 60時間 15時間 31時間 35 時間 30時間
NC機能 なし なし あり なし あり
形状 ヘッドバンド ヘッドバンド ヘッドバンド 耳乗せ型 ヘッドバンド
重量 289グラム 300グラム 360グラム 132グラム 530グラム

タイトルとURLをコピーしました