IPad✕Apple Pencil で使える最強おすすめ”お絵かき台”はピローです

アイテムモバイル・パソコン
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

わたしは最近、IPadのお絵かきにハマっています。

ペンタブも使っているので昔から良い台ないかなー?なんてずっと思っていました。既製品もいくつか試しました。ペンタブ裏に足をつけることもしました。どうもしっくり来ませんでした。

しかも、最近はメインがIPadなので、足をつけるわけに行かない。

いいものがないかずっと悩んでいました。

そして、ついに最強のIpadお絵かき台を見つけました!

スポンサーリンク

IPad と ピローという選択

これが最強の組み合わせです。

え、見えないって?

これですこれ。

使っているのはトラベル用の小さなピローです。

中はおそらく小さなスポンジの粒です。なのでiPadの裏側の面にあわせてフレキシブルに対応してくれます。わたしがもっているのは幅が20cmで太さが10cmくらいのものです。コレがフィットします。

iPadの12インチだと幅30cmのとかでもよいかもしれません。というかたぶんこれ、液タブでも使えます。

微妙な角度も、すぐ変えられるので、超おすすめです。

ネット上の商品でいうと例えばこういうの。

サイズ:約幅23×高さ12×厚み8.5cm
素材:生地/ポリエステル・ポリウレタン 中材/ポリウレタン
体に合わせてフィットする、きめ細やかなマイクロビーズ入りの旅行用クッションシリーズ。

サイズ感が程よい。

12インチや液タブの場合は、長さ30cmくらいのサイズの筒型ピローでも良いと思います。ただポイントはビーズ(スチロールビーズがよい)であること。でないと、タブレットの裏側にフレキシブルにフィットしてくれません。

ちなみに小サイズの筒型ビーズピローはかばんに入れて持ち歩けるので、出先でも台として使えます。さらに、新幹線や飛行機では、まくらにもまります。

ペンタブ台に騙されてはいけない

液タブ+台+おすすめ等で検索上位上位にでてくる、でかくてゴツくてかさばるだけの、ペンタブ台に騙されてはいけません。

小さなピローを台とする便利さを体験したら、あのバカでっかい台での作業はちょっと面倒なものに感じられます。

もちろん、机ごとカスタマイズするスタイルはありですが、そうでないなら、中途半端な製品を買うべきではないし、わたしはこのピロースタイルをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました