スポンサーリンク

呪術廻戦〜伏黒恵と姉や父、劇中キャラクターの特別な関係性について

呪術廻戦
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

ヒロインの伏黒恵、かっこいいですね!

今回は、そんな伏黒恵と劇中様々なキャラクター達との関係について、解説してみたいと思います。間違ってもカップリングを押し付けたりしませんので安心してください。単なる解説です。

スポンサーリンク

伏黒恵とキャラクターたちの関係

虎杖悠二

まずは、虎杖との関係。劇中主人公にして、伏黒の相方であり正パートナーの一人です。虎杖、第一話で伏黒と壮絶なボーイ・ミーツ・ボーイを経て、お互いに相互理解する関係になっています。その信頼度は「俺の背中をお前に預ける」と言わんばかりですね。また、それぞれ自身が呪術師になった理由が、身内の影響だというのも似ており、そんなところも二人が噛み合う理由かもしれません。つまりは、パーソナルな社会的な動機のほうが強いコンビなんですよね、彼ら。

(C)芥見下々/集英社

ただ見ていて思うのは、あっさり仲良くなりすぎじゃない? なんて思っています。だって、ワンピのルフィやゾロ、サンジだって、もうちょっと距離感あるじゃない?なんて。

そして気になるのは、じゃあいつも一緒に助け合っているのかと言うと──面白いのが、前半はともかく、後半は個別に行動していることのほうが多いんですよね。 多分、能力的&逸話的に抱えているものが違っていて、普通に同時に存在すると、物語上で話がかち合うからなんだと思うんですけどね。そして、恐らく、当面はそれぞれ独立して動くことになるんだと思います。宿儺が出てこないかぎりね。

そう、虎杖の中には宿儺がいるんですよね。これが関係を複雑にしているんですが、そちらについては後述。

釘崎野薔薇

呪術廻戦の正ヒロイン合戦における伏黒のライバルにあたるのが彼女です。ですが関係としては歪みあっている訳ではありません。むしろ良好ですらある。釘崎野薔薇は、表面上口汚い子ですが、心根はわりと正義感あふれる純粋な子です。

(C)芥見下々/集英社

第一印象においては、伏黒を「陰キャ」と断じましたが、伏黒はどうみても劇中屈指のイケメンです。普通に相手をしている限り、悪い気はしないでしょう。また、物語前半において、虎杖が死んだかも知れない状態に陥ったときは、その悲しみを少なからず分かち合った中です。助けられてもいます。同じ一年どおしとして、虎杖に匹敵するほど信頼しているであろうことは予想に固く有りません。

更に言うと「パンダおひさま事件」及び「いい女性というのは揺るぎない人間性があればいいんだ事件」に立ち会ってキュンと来ちゃった経験もある事から、これ以上なにも悪くなるなんてことはないでしょう。

ただ、釘崎はおそらく立て付け上虎杖に執着しており、伏黒と関係が深まるとは予想しづらい。そして伏黒はシスコンなので、他の女子に目を向けることはないでしょうね。さらにいうと、虎杖と宿儺については、伏黒と釘崎は奪い合う関係ですらある。そのあたり、どうせエピソードとして膨らまされることはないでしょうけどね。そんなわけで、釘崎と伏黒は、今後も一年の良きパートナーとして関係していくに留まると予想されます。

五条悟

現時点で劇中最強の呪術師である五条悟先生。こちらは、古くからの師弟関係となっていますよね。伏黒の中学自体から、五条悟は伏黒に目をかけてきた。

(C)芥見下々/集英社

ていうか五条悟って、ナチュラルに青田刈りしますよね。

有能な子女を乙骨といい、虎杖といい、伏黒といいツバをつけて、呪術高専に引き込んでいる。いけない先生だよ、ほんとに。

五条悟と伏黒の関係性は、よくも悪くも単なる師弟関係ですね。ただ、五条先生が伏黒を呼ぶ時の「恵」という呼び方が、なんか親しげで優しくてキュンとする。それくらいです。今の所五条先生は、虎杖との関係が優先されており、こちらも、何がどう発展する、というのはなさそうです。他方。五条悟は、劇中で伏黒の出自と家族について、ある程度知っていることから、そのあたりについての介入はあるかもしれませんね。

両面宿儺

さあ、ついに出てきました、両面宿儺。伏黒恵をヒロインとするなら、そのヒロインを翻弄し、執着し、愛でる、悪の親玉にして、ダークヒーローの両面宿儺さん。

(C)芥見下々/集英社

ぶっちゃけ、未だになぜそこまで執着するのか描かれていないんですけど、他のキャラクターと比しても、伏黒は現時点でそこまで飛び抜けた成果を出しているわけじゃない。それなのに、なぜそこまで寵愛を受けるのか。

おそらく伏黒がイケメンであることが両面宿儺の好みの琴線に触れたのでしょう──というのは、冗談で──物語を見ている限りでいえば、伏黒がもつ影法術の能力が、両面宿儺にとって何か特別なものであるようですね。

この宿儺の行動動機というのはちょっとまだ見えないんですよね。人類を皆殺しにしたいかと思えば、そうでもない。虎杖に対しても、ただ邪魔な相手という訳ではなく、どこか楽しんで接している。例えば、鬼舞辻無惨のような保身のための圧倒的な悪者感というのが無い。どこか人間臭い。そういうキャラクターが伏黒恵という純粋な正義を抱く存在をどう思っているのか? 彼の成長に何を願うのか? そのあたりが、今後も気になってきます。

流れとしては、まあ最近もそうでしたが──伏黒vs宿儺という構図が発生しますよね。或いは伏黒が目覚めたあとで、伏黒は宿儺側に囚われ、その伏黒相手に虎杖が相対するなんて関係も面白いかも知れません。

伏黒津美紀

伏黒が呪術師になったきっかけを作ったお姉さん。隠れシスコンの根源にして、劇中における伏黒の「善性」や「倫理観」に著しい影響を与えた、道徳規範が、彼女です。

(C)芥見下々/集英社

立場的には義姉であり、血の繋がりはない意味深な関係にあります。

伏黒の家庭事情は複雑です。まず伏黒パッパが伏黒の実の母親と結婚し伏黒恵をもうけました。しかし、伏黒の実母はその後亡くなっており、後に、伏黒パッパが再婚した相手の連れ子が津美紀です。ちなみに、津美紀のおかんは、伏黒パッパとともに失踪していたりします。

そして、津美紀は恵の保護者となる訳ですが、他方、彼女は唐突に呪われてしまい寝たきりになります(劇中の絵を見る限り昏睡状態?)。そして物語上の幾つかのエピソードから、津美紀の呪いは伏黒の預かり知らぬところで、過去に何かの呪霊に絡んだことによるものらしい。

「正体不明、出自不明、全国に同じような被害者がいるらしい」

と記載があったことから、劇中における伏黒のミッションは、呪術師として呪霊を払うことの他に、津美紀に宿る呪霊を取り除く、というのも普通に用意されていると思います。

そして、伏黒は先に述べたとおり、その倫理規範を姉から得てることから、おそらく、伏黒のヒロインはその血のつながらないお姉さんかな、と。ということは、闇落ちしたお姉さんと、心折れそうになる戦いのエピソードがあるんじゃないかと予想しています(笑)。芥見先生、エグいことするから。

しばらくは姉エピソードは進まないでしょうが、普段「受け身」であり、ヒロインの伏黒の唯一ヒーローポジションに収まる、貴重な関係ですから、引続き、目がはなせませんね。

伏黒甚爾/禪院甚爾

甚爾おじさん──通称黒パパは、伏黒のクズなパッパです。伏黒をムキムキにしてワルにしたような外見で、ヒモでその日暮らしをしており、女のところを転々とめぐっていた。劇中屈指のクズだそうです。ちなみに、恵と名付けたのは彼だが、女か男か分からなかったので、適当につけたらしい。

(C)芥見下々/集英社

もともと、呪力がないことから、本家の禪院家での扱いが非常に悪く、グレたのはそのせいかもしれない。しかし、呪力を持たないことの呪縛によって、逆に優れた身体能力と肉体を持っており、端的にいってチートレベルに強いキャラクター。

どのへんがチートかというと、武器庫呪霊という呪物を飲み込んでおり、口の中から武器を取り出す。術式を強制解除する武具を使って、五条先生に傷をつける。永遠に伸びる鎖を持っている。これらを使って、その恵まれた特級術士とも渡り合える身体能力で、八面六臂の立ち回りができるキャラクターとなっております。

さて、そんな黒パパは、過去編にて五条悟に負けて死んでいます。彼の行動動機は先述した禪院家や呪術界への復讐でしたが、その屈折した感情がモチベーションだったのだと最後の最後で気づくんですよね。そして、息子の安寧を五条に託すという。

そんな黒パパ。あまりにも良いキャラすぎたせいか、渋谷事変で突如、オガミ婆の降霊術により呼び出されている。まあまた消えるんだけどさ。というか彼、今後絶対また伏黒の前にでてくるよね。クズだけど、どこか憎めないカッコイイキャラクターなので、需要はかならずあると思います。

禪院真希

黒パパと同じく呪力をもたない肉体派ヒロインとして登場した高専二年生です。彼女は、良き先輩として伏黒とともに行動しています。それというのも、エピソードとして、伏黒パパの呪具を伏黒が引き継いで持ち運んでいるから。

(C)芥見下々/集英社

さらに、真希は渋谷事変にて同じく呪力を持たない、黒パパに出会ったことで、自身がどういう存在を目指すべきなのか、理解した様子でした。

今後も、そんな伏黒と真希の関係は続きそうです。真希は「パンダおひさま事変」で、妹は「好きな女は揺るがない人間性事変」でそれぞれ伏黒にキュンとしているという共通点もありますしね。

パンダ

パンダおひさま事変の当事者。伏黒曰く、おひさまの匂いがするらしい。

シャケ

狗巻棘。こちらも、良き先輩として伏黒に信頼されている男子。何かに付けて、感謝している描写あり。というか関係ないけど、芥見先生って、欄外に同時並行的にキャラ出すの上手いですよね。

ざっと解説したとおり伏黒とキャラクターの関係は以上です。今後、細かなものを追加してゆく予定がありますが、今回はいったんここまで。

総括として

20201128時点の総括としては、伏黒というのはほんとうに劇中にて愛されたキャラクターだよな、と。伏黒を嫌っているキャラというのは存在しないんじゃないだろうか? 敵から、味方から、すべての寵愛を受けている。そして、伏黒はそれに応えるキャラクターなんだな、ということがよく分かります。

今後、伏黒に対して憎悪をぶつけるようなライバルめいたキャラクターというのはでてくるのでしょうか? まあ、そんなの出てきたら宿儺に嫉妬されちゃうから、難しいかも知れませんけどねー。

タイトルとURLをコピーしました