スポンサーリンク

デザインはちょっと知っているだけでも変わる。v

創作・仕事

デザイン。

誰もが苦手で(デザイナーさん除く)、掴みどころのない仕事の一つ。それを身につけるには、センスだ才能だ等言われていましたが、知っている人は知っている通り、その多くは──デザインという仕事は、当たり前のテクニックの集合体で出来ています。

そもそも、デザインは何かというと──目的は、情報を正しく伝えるための、適切な配置をどうするのか? というお話しになります。しかし、これがやり始めたら結構難しく、やはり、訓練が必要ということになり、素人には中々手が出しづらい領域だったりする訳ですね。

かくいう私も、デザインについては──美術学校を出ているにもかかわらず、どうもいまいち体系化して理解していなかったりしました。そして、ブログを改めてやりましょうというフェーズになって、デザインを改めてざっと勉強する必要がありました。
んで、購入したのがこちら。

この本、初心者向けのデザイン指南本としては、オーソドックスかつスタンダードな世界的バイブルです。ええ、これを読めば、センスなにそれ美味しいの状態だったあなたも、デザインのなんたるかを、理解することが出来ます。少なくともこの書籍の通りに、デザインを行えば、見るものにあなたの伝えたいことを正しく伝える事ができるようになるのです。最低限の労力で結果を手にしたい私たちにオススメですね。

もちろん、御希望があればそうでない選択も可能です。実は、皆さんは知らないだけで、様々にデザインを指南する初心者向けの書籍が存在しています。

タイトルとURLをコピーしました