5人くらいの部下をまわすマネジメントと進捗報告のコツ。

創作・仕事
スポンサーリンク

ちょっと思い立って走り書きメモ。

部下とのコミュニケーションや進捗管理マネジメントの手法は──サラリーマン時代の経験から、基本的に進捗報告は「損益計算書」をベースにした予算に対しての売上なり工数なりのズレの「直近未来予測を含む差分報告(※ここ重要)」が最も優れていると思っています。月次だろうが年次だろうが週次だろうが関係なくPLベースの予算対比の報告が進捗報告として、最も効率が良い。

具体的には、ビジネスモデルと規模感にもよるんですが、受け持つ業務範囲の予算に対しての4Q毎の損益計算書と売上とコストの一覧に、前週比前月比前Q比の数値に脚注でその数字が何故上がったのか、下がったのかの理由を記載して報告する。

で、これを管理職レイヤーごとにとりまとめて、経営陣から係長までおなじフォーマットで、受け持つ売上予算とスケジュールと把握する範囲だけ違う形で保持します。

最上位のレイヤーはそれを決算書として社外に出します。最下位のレイヤーは係長レベルで損益計算書の予算管理を行い、社員は受け持つ目標予算、或いは工数等の定量的な変化とその理由の報告を週次で行います(担当業務にもよりますが)。これをやると全社員に経営スキルが身につくし、自身の業務がどう数字に連動するか理解するようになる。共通認識も持ちやすくなり、前提条件の整理もしやすい。問題があったときの気づく速度も反応も早くなる。

このやり方を教えてくれた昔務めた、とある会社には感謝しかないっす。めちゃくちゃ勉強になりました。いまでもやってます。

ストーリーでわかる財務3表超入門―お金の流れで会計の仕組みが見えてくる | 國貞 克則 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで國貞 克則のストーリーでわかる財務3表超入門―お金の流れで会計の仕組みが見えてくる。アマゾンならポイント還元本が多数。國貞 克則作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またストーリーでわかる財務3表超入門―お金の流れで会計の仕組みが見えてくるもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
タイトルとURLをコピーしました