スポンサーリンク

進撃の巨人〜リヴァイ兵長の過去復活劇にみる死亡フラグのルールについて

進撃の巨人

進撃の巨人がファイナルですが、今のペースでやって、原作をカットせずに終わるんかね? なんて疑問はおいておいて、今回もみんな大好きリヴァイ兵長をダシにして進撃の巨人の死亡フラグについての考察をします。

※注意:記事内容は本編最新情報ではなく、最新話の死亡状況と異なっていることがあります。また原作未読の方は原作に言及しますので、お気をつけください。

無敵のリヴァイ兵長は死亡フラグをへし折って生き残る?

一般的に、リヴァイ兵長は死にそうで死なないキャラの最右翼だと思います。原作でも何度も危機的状況をかいくぐって生き残ってきました。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

それだけリヴァイ兵長が最強ということなんでしょうけど、爆散の危機にあった時は流石にダメかと思いました。でも、生き残った。現在は、包帯ぐるぐる巻になって、グースカ寝てますね。アッカーマン家の巨人の治癒能力が生存につながっているのかもしれません。

で、このリヴァイさんですが、設定方面からアプローチすると、なかなか危うい位置にいるキャラクターですよね。

ちゃんとした物語はフラグが見える

他の記事でも言及していますが、しっかりと作られた物語というのは、本当に死亡フラグがわかりやすいんですよね。

大まかなフラグ条件は以下のとおりです。

  1. 本編ストーリーに根深く関連しているキャラはそれが解決するまで死なない。
  2. 本編の核心にふれるキャラとの絡み太い者は、その想いが成就されるまで死なない。
  3. 過去が明かされていないキャラは、過去が明かされるまで死なない。
  4. 行動動機が明かされていなキャラは、行動動機が明かされるまで死なない。

基本的には1と2が太いほどキャラ死なない。

で、リヴァイについては、この4つのうち3つをクリアしちゃってるので死にやすい。1は持っていない。残った因縁はジークやエレンらとの因縁である2だけでした。135話の時点でジークに対しての因縁も概ねクリアしちゃってて、もう死ぬしか無い状況。かなり危機的だってことですよね。

さらに他の死んだキャラを見てみましょう。

サシャはどうでしょう? 彼女は、本編ストーリーとの関係が希薄でした。肉ばっかり食べたがっていて、世界や巨人のことなどどうでもよかった。本編キャラ(エレンや敵対勢力)との関係も希薄です。過去についてや行動動機については、田舎者であって、それを憂いた親から里にだされたということが判明しています。本人もそのように理解して納得していた。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

つまり4つの条件が全部クリアされちゃってるから、いつ死んでもおかしくなかったし、いつでも殺せるキャラクターだった。

エルヴィン団長もフラグがビシバシでしたよね。あいつは、自分語りをしすぎましたよね。過去を語り、巨人への興味を語り尽くした結果、死ぬ羽目になった。

次に死にそうなのは誰?

次に気になるのはコニーとジャンですよね。

コニーは巨人化したお母さんとの関係があったことから、いままで生き残ってきました。しかし、それが母親とファルコの逸話で、アルミンに関係したことで、一つフラグが整理されちゃって解消しつつあります。現在はアルミンとの因縁が出来ているので2のみ残っていて、1と3と4はすでにクリア状態です。アルミンをかばうカタチで死にそうなんですよね。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

次にジャンです。彼は、本編ストーリーにはあまり因縁がありません、ミカサには執着しています。また、最近ライナーとも殴り合いましたね。過去はそんなに明かされていない(大した過去じゃないと思われますが)。行動動機は、多分大したものがない。ミカサに関連する2しかないので死にやすい。死ぬ場合は、ミカサに関連して死ぬことが予想されますが、他方、コイツは実は最後まで生き残るんじゃないかとも思っています。

二人とも、ミカサとアルミンに因縁があるから、ギリ生き残っている感じ。

さらに、他のキャラを見てみる

アルミンは、盛大に死亡フラグを折ったキャラで、かつ人類側の知恵者であり語り部的ポジションなので、生き残るでしょう。1と2が非常に太いキャラなので。

ミカサはヒロインなので言わずもがな。彼女は、エレンによって常にフラグブレイクされます。しょっぱなから、エレンに救われ、ウォール・マリア襲撃時にも初巨人化したエレンに救われ、ライナーからエレンを奪還した際も、エレンへの思いを伝えて同シーンで盛大に巨人特攻玉砕死亡フラグを立てましたが、エレンが「は?なにいってんの?」といってエレンのパッパの元嫁にパンチすることで、フラグブレイクしました。むしろエレンのほうが「死にそう」。でもヒストリアの子がエレンの子だったら悶着ありそう(妄想)

ハンジも、語り部や知恵者キャラとしての役割があるので、死にづらい。物語には解説者や考察者が必要です。アルミンもそうですが、ピクシス司令等、本国の年長者がことごとく死んだ中で、彼女には本編における集団に対しての役割がある。つまり1と2が太い。同じ理由で、ヒストリアも多分死なない。死んだらエレンの努力が水の泡ですしね。

ライナーとアニはどうでしょう? 条件に照らし合わせると、アニのほうが死にやすいキャラになっていますね。1が薄く、2も彼女の方からは薄く、3と4がクリアされている。いつ殺しても困らないキャラになっている。ただ、アルミンがアニに執着していると思われるので、ベルトルトの怨霊がアニの死を許さないかもしれない。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ライナーは、おそらくエルディアのガビとの逸話がクリアされなければ死ぬことはないでしょう。ファルコの身代わりは大いにありえますけど。

というか、エレンやアルミンにしてもライナーにしてもそうですが、死にたがりほど死なないというのが進撃だったので。

それから車力の巨人ことピークさんは、あー、1と2が希薄ですねえ。3と4が明かされていませんが、そっちも希薄です。本編やキャラでの因縁でいうとイェレナとの関係がありますが、そっちが解消されると、死んでも困らないキャラなのでサクッと殺されそうです。というか今危機的でしたっけ?

そして最後にエレンですが、なんだろう、見ているとすごい死にそうな流れですよね。本編であれだけの殺戮をしていますから、自分の中にある何かをサクリファイスすることは大いにありえます。あのまま元のエレンに戻るには、記憶を失うか、何かに転生するとかしか無いんじゃないかなー。進撃って若干ループ描写あるので。。

そんなこんなで、進撃の巨人は本当にわりと死にやすいキャラが予想しやすくなっています。

で、リヴァイ

何度もいいますが、リヴァイはいつ死んでもおかしくないしなんならあと2〜3話で死ぬかもしれない。

でももしそれが回避される可能性があるとしたら──リヴァイってハンジとの変な恋愛フラグうっすらたってません?つまり主要キャラとの因縁である2が立ってるかもしれない。 唯一その1点のみにおいて、二人は戦後生き残るかもしれないな、なんて思ってます。リヴァイの戦闘能力は失われるかもしれないけどね。

©諫山創・講談社

というか作者、リヴァイ大好きですよね。みんな大好きリヴァイなので、本当に死なないでほしいなって思います。

さて、どうなることやら。

追記:2021年4月9日ー良かった、ほぼ主要メンバー全員生き残りましたね。死んだ人もいましたけど・・・。帰ってこない人もいますけど。

タイトルとURLをコピーしました