進撃の巨人〜リヴァイ兵長が私たちの心を奪う本当の理由。かっこいいの秘密をちゃんと解説してみる

進撃の巨人
スポンサーリンク

進撃の巨人がファイナルに突入しました。

物語は佳境を迎え、部隊はいままでの塀の中とはまったく異なった、第1次世界大戦前のヨーロッパみたいになってます。

我らがリヴァイ兵長はまだ出てきませんが──今回は人気のリヴァイ兵長が、何故あんなにも魅力的に感じるのか、その理由を解説したいと思います。

誰もちゃんと解説していないので。

シンプルな話です。

スポンサーリンク

キャラクターのおさらい

おさらいも、あんまりする必要ないとおもうんですけど、リヴァイ兵長は◯◯家出身の、俺様クール強キャラです。立体機動装置を使った近接戦闘能力は劇中イチの強さがあっで、「不屈の精神」「冷静な判断力」「三白眼」という三拍子揃った(適当)人気キャラクターですね。

で、この兵長、男女双方から、とっても人気があるキャラですが、それは何故なんでしょうね?僕らはなぜ兵長にこんなにも惹かれるのか、細かく解説していきたいと思います。

リヴァイが人気なのは──

強いから?

リヴァイは強い。戦いの描写での、縦横無尽な立ち回りは、ジークをはじめ誰もが身震いするほどです。敵にも味方にも容赦ないので、エレン以下の若年兵をガクブルさせていますね。ヒストリアはよくリヴァイを小突くことができたもんです。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

でも、彼の魅力の源はそれだけではないでしょう。強いキャラは、他にもいるといえばいますし。

クールだから?

リヴァイといえばクールですよね。どんな時でも冷静、沈着、判断は的かつかつドライで、しかも早く、適切な情報があれば一切ミスをすることがない。戦闘中に激昂することはあっても、それが行動に一切あらわれることがない。強靭な、人間離れした精神力が凄いキャラクターです。弱音を劇中で一切吐かない唯一のキャラクターです(これヒント)。

でも、それだけが魅力かというと、ちょっと違いますよね。

実は優しいから?

ああ見えて、部下にはやさしいのがリヴァイですよね。死にゆく兵士を励まし、死にゆくケニーに付き合い、死にゆくエルヴィンを見届けて──ていうか、リヴァイ兵長、死にゆく人に寄り添いすぎでしょ。よく考えたら、この人どんだけ、死にゆくものを見てきたのだろう? 切ないわ。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

リヴァイ兵長は、とても惹かれる優しさを持っています。が、これだけではないでしょう。

外見が魅力的だから?

あの強さでもって「かりあげ」「ちび」「三白眼」「潔癖症」というギャップ萌えの局地とも言える属性付与が、魅力を生み出しているのか? あるいは不遇の過去を持っているから心惹かれるのか?

そうだけど、そうじゃないですよね。

実は──リヴァイが魅力的な理由というのは、ある1点から始まっているんです。

それは以下の通りです。

不特定多数に対して媚びることのない「大人」なキャラクター

リヴァイ兵長は、劇中でどんな人に対しても媚びていないんです。同性にも異性にも「ほら、俺かっこいいだろ?」というような、あまっちょろい自己主張が一切無いキャラクターなんです。

というか、進撃において唯一、誰に対しても媚びることがない人物なんです。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

それでいて「強く」「クールで」「優しく」「あの外見や設定」だから、魅力的なんです。

全ての大前提は「媚びない」事にあるのです。

媚びないことが何故魅力なのか?

媚びるキャラクターも人間臭くていいんですけど──単純に、人が他者に対して媚びるとき、それを見る人は時にイラッとするんですよね。かわいい&かっこいいアピールしてんじゃねーよ、と。

でも、リヴァイというのはそういうものが一切無いんです。ちなみにここでいう「媚び」とは他者に対して、自身への共感や同情や理解を求める行為です。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

他のキャラクターは媚びまくりです。エレンは「俺はなんてダメなやつなんだ」アピールがうざいし、アルミンは軟弱アピールがうざいし、ミカサはエレンへのアピールがうざいんです。ていうかファイナルのエレン、大人になった俺かっこいいだろアピールが匂いますよね(うざい)。エルヴィン団長は、兵員に「俺は強い団長だついてこい」アピールがうっとおしいし、サシャははらぺこアピール、ジャンはヘタレ強キャラアピールが、ヒストリアは純粋かわいいアピールがうっとおしい。どのキャラクターも、それぞれのキャラクター性を発揮するために、何かに対しての「かわいい」「かっこいい」アピールを劇中でしているんです。まあ、それ、人としては普通なんですけどね。

対してリヴァイ兵長というのは「俺強いだろ? 」も言わないし「ちょっと笑った俺可愛いだろ?」 も言わない(五条悟なら絶対言ってる/笑)。エルヴィン団長が死んだことで弱音を吐くこともないんです。すぐ切り替えて「後悔しない適切な選択だ」と言い切るんです。

彼は劇中で唯一の『大人』なんです。すべてに対してベストを尽くす『大人』。子供が子供の頃に知っている、怖ぁーい先生とか見た時に感じた「大人ってこうだよね」という空気感をまとった最強キャラ。怖いけど優しくて頼りになる、大人を体現した存在

進撃において敵も味方もふくめて全てのキャラというのは、どこかで弱音を履いたり、動揺したりする姿を見せているんです。対して、彼だけが「弱音を吐かない大人キャラ」なんです。失敗こそすれ、驚くことはあっても、弱音は吐かない。みたことがない。リアリストであり、夢想をせず、できることを考えてベストを尽くす。大人とは「媚びずにテメェの尻を自分で拭く」人物のことなんです。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

強さとかクールとか設定とかではなくて『媚びない大人』であることが、リヴァイ兵長をとんでもなく魅力的にしているんです。

それがあるから、強さや優しさやクールさが際立っているんです。彼が魅力的な理由はすべて「媚びない大人」であるところに集約していると思っています。

以上

リヴァイ兵長の魅力についてでした。

タイトルとURLをコピーしました