進撃の巨人

スポンサーリンク
進撃の巨人

進撃の巨人〜兵団カップリングに見るスクールカースト・コンプレックスと、残酷で美しい世界の行方

進撃の巨人が漫画でも、そして、アニメ版でも佳境に入ってきましたね。 相変わらずのクオリティが素晴らしい限りですが、今日はそんな進撃の巨人について、その作品の出自と行く末について、何となく思っていることを書いてみます。 兵団の人...
進撃の巨人

進撃の巨人〜リヴァイ兵長の過去復活劇にみる死亡フラグのルールについて

進撃の巨人がファイナルですが、今のペースでやって、原作をカットせずに終わるんかね? なんて疑問はおいておいて、今回もみんな大好きリヴァイ兵長をダシにして進撃の巨人の死亡フラグについての考察をします。 ※注意:記事内容は本編最新情報で...
進撃の巨人

ライナー・ベルトルト・アニという主人公グループへの当て馬という存在と、進撃における伏線回収構造の秘密

進撃の巨人が結末に向けて加速していますね。 令和3年の1月時点で、漫画版はエレン襲撃、アニメ版は宣戦布告回です。アニメ63〜64話では、かつての仲間であり敵であるエレンとライナーが再会しました。 今回はそのエレンやライナーらの...
進撃の巨人

進撃の巨人F〜覚醒エレンを見て思う主人公はヘタレてナンボだっていう話

進撃の巨人が佳境に入ってきましたね。 エレンとアルミンとミカサが海にたどり着いて、その向こう思いを馳せて終わった第三期。そこから一点、硝煙と血の匂い香る産業革命後、第一次大戦に突入しようか、という感じの世界観になってしまいました。 ...
進撃の巨人

進撃の巨人〜マーレ編が面倒くさいと思ってしまう構造上の理由について

進撃ファイナルが進んでいますね。アニメ化するとマーレ編は「見れる」ので多くの人が見ていると思いますが、昨年あたりはマーレ編がシンドいという声を多く聞きました。 その理由は「なんか頭使うから面倒くさい」とか、平たく言うとそういうことな...
進撃の巨人

進撃の巨人は、徹底的な◯◯の物語だと気づく

進撃の巨人が佳境を迎えています。 先ごろ、最終話を書き上げたとの報告が作者の諫山創センセーからありましたが、もう終わってしまうのかー、という悲しさが切ないですね。 さて、そんな進撃ですが、TV版やコミックをずっと見てきて、一つ...
進撃の巨人

進撃の巨人〜最終回についての率直な単なる感想

進撃の巨人ついに終わってしまいました。 長きに渡る、大作でしたが、終わる時が来るんですね。いろいろと感慨深いものがあります。 さて思うのは──近年まれに見る精度でもって、ここまでの伏線と回収を見事にやってのけた、諫山創の天才性...
進撃の巨人

進撃の巨人〜アルミンは知的なだけではない特別なキャラクター

進撃の巨人が終了しました。 進撃の巨人は、足掛け11年半の及ぶ大作でした。 今回は、そんな進撃のアルミンについて、その「特殊性」や「重要さ」をプロフィール交えて、取り上げてみたいと思います。ネタバレアリなので最終回未読の方はお...
進撃の巨人

進撃の巨人〜ミカサ・アッカーマンというキャラの扱いについての雑感

皆さん大好きな進撃の巨人が終了してしまいました(だいぶ前ですけどね)。 終わり方については、いろいろと論議あります。個人的にはとっても満足しています。しかそれは私の場合「ただ1点を除いて」という言い方になってしまうのが残念なところで...
進撃の巨人

進撃の巨人〜作者諫山創の凄さ。処女作であのキャラ・世界・伏線は天才だと思う

進撃の巨人は話題になってからずっと人気がありますね。おなじみの巨人という存在のインパクトに、閉鎖空間や危機的状況における擦り切れるような緊張感、そして、兵士たちの群像劇が、見事に組み合わさって、昨今まれに見る怪作になっています。 そ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました