エンタメレビュー

スポンサーリンク
チェンソーマン

チェンソーマンはグロいだけ?実は奥深さを持ったおもしろい物語です

チェンソーマンという人気漫画をご存知の方もいらっしゃると思います。 本編はすでに第一部が完結済。そしてこの度、チェンソーマンのアニメ化が決定しましたよね。製作はMAPPA。呪術廻戦とか進撃をやっているところで、質は折り紙付きです。 ...
魔法少女まどかマギカ

まどマギ続編決定記念〜なぜダーク魔女っ子ファンタジーがウケたのか? ヒットの理由考察

魔法少女まどかマギカの劇場版の続編「〈ワルプルギスの廻天〉」が決まりましたね。 まどマギがTV放映されたのは、2011年ですから、この作品がヒットしたのは、およそ10年前になるんですね。あれから、劇場版やゲーム派生の作品がありました...
エンタメレビュー

風の谷のナウシカ〜いまあの名作アニメを大画面で見るべき3つの理由

令和二年、コロナ禍の中にあって、映画業界が営業再会に際して、集客の呼び水のために各種施策を行っています。その一環として、スタジオジブリが、ジブリの著名四作を再上映するという素晴らしい状況が今あります。 対象作品は「風の谷のナウシカ」...
スポンサーリンク
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

俺ガイル〜一色いろは/いろはすのあざとい変化から見えるキャラの魅力や生々しさの理由

魅力的な俺ガイルのキャラクター 俺ガイルといえば、とっても魅力的なキャラクターがいっぱいいますが、どうも普通のテンプレキャラとは違うように感じますよね。深みがあるというか、表情があるというか、実際にいそう&やりそうな振る舞いをするこ...
呪術廻戦

呪術廻戦は鬼滅の刃に届く? 超える? ネクスト鬼滅をめぐる腹立たしい騒動の行方

最近、ネットで鬼滅の刃と呪術廻戦の比較がなされて、炎上していますね。 僕も同意見で比べるのもどうかと思っています。ただ、興味を持つ人がいるというのもよく分かる話です。 そこで、今回は呪術廻戦が鬼滅を超えるのかって、話をしたいと...
呪術廻戦

呪術廻戦〜こんな死に方は嫌だよね。印象的な死に方についての雑感

呪術廻戦といえばショッキングなシーンが描かれますが、今回は、その中でも印象的なものを、いくつかの種類に分けて紹介しつつ雑感。 まず一般人部門。 一般人呪殺系 呪術廻戦は、呪術師の戦いの前に、しばしば一般人が巻き込まれます...
まえせつ!

まえせつ! は、声優の芸人スキルと 「笑い」のなんたるやを垣間見るアニメ?

アニメ「まえせつ!」の第一話を見ました。 これ、吉本が絡んでいるらしいですね。パッと見の感想としては──萌え絵とお笑いのかち合い具合ですよね。ファンシーな萌えキャラクターがお笑いをやってのけるという、新機軸に興味が行きます。 ...
進撃の巨人

ライナー・ベルトルト・アニという主人公グループへの当て馬という存在と、進撃における伏線回収構造の秘密

進撃の巨人が結末に向けて加速していますね。 令和3年の1月時点で、漫画版はエレン襲撃、アニメ版は宣戦布告回です。アニメ63〜64話では、かつての仲間であり敵であるエレンとライナーが再会しました。 今回はそのエレンやライナーらの...
怪物事変

怪物事変雑感〜キャラの親しみやすさに対して、怪異怪物が普通に怖いよ

怪物事変をつい見てしまう。 たぬきおじさんとショタなお話かと思いきや、5話までに、狐娘と、ドSっぽいヴァンパイアがでてきました(原作未読なのでどうなるかわかってない)。 さて、ここいらへんで怪物事変の中間雑感をいくつか。 ...
チェンソーマン

チェンソーマン〜のじゃ女子かわいいパワーの魅力について

チェンソーマンという漫画がバツグンに面白いんですけど──まだアニメ化されていないことから、さほど注目されていませんね。もっとみんな興味を持って欲しいと思うのです。 さて、そんなチェンソーマンの、人気ナンバー・ワンキャラといえば誰でし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました